中高年の転職サイト選びのコツ!ベストな求人情報の見つけ方

*

伝わる志望動機の書き方!

      2014/09/03

①志望動機を書くポイントとは?
 中高年の転職は、求人数が増加した現在でも、激戦であることに変わりはありません。
 そのため、書類選考を通過して面接に進むために、履歴書をきちんと書くことが重要になります。
 中でも「志望動機」は、企業の採用担当者が最重視するポイントです。

 「志望動機」を書くときには、以下の点に留意することをおすすめします。

 ・応募企業が求めている人材が理解できているか
 ・過去のキャリアを入社後の職務に活かせるのか
 ・自分の強みを把握しているか
 ・応募企業に入社したいという強い思いがあるか
 ・将来のキャリアビジョンが明確になっているか
 ・そのキャリアビジョンが応募企業で叶えられると思うか

 転職したいから応募書類を作成するのではなく、応募企業に入社したいという意欲が伝わる書類になっているかどうかということです。
 そのためには、しっかり企業研究を行い、中高年の中途採用者が担うべき役割、求められるスキルとは何かを考察し、それを念頭において応募書類を作成しなくてはなりません。
 応募企業の独自性や強みを把握したうえで、自分のアピールポイントにマッチする部分を探し、「志望動機」と「自己PR」をしっかり書き分けることも意識しましょう。

②志望動機と自己PRの違いとは?
 では、「志望動機」と「自己PR」の違いについて説明しましょう。
 「志望動機」とは、応募者がどうしてその企業に応募したいと考えたのかを伝えることです。
 そして「自己PR」とは、自分が採用されたときには、どんな貢献ができるかをアピールすることです。
 そのため「志望動機」では、応募企業に対して人一倍思い入れがあることや、その理由、だからこそ情熱をもって働けるという気持ちを書くようにしましょう。
 また、応募企業に転職することで果たしたい目標などを書くのも、良いかもしれません。
 一方の「自己PR」では、自分の強みやこれまで培ってきたキャリアとノウハウが、いかに応募企業にとって有益かを理解してもらう内容を記載します。
 業界や職種に関する専門スキルや人的ネットワークだけでなく、マネジメント経験なども、アピールポイントになります。
 職務としても、組織的にも有用な存在であることをアピールすると、採用担当者の興味をひけるはずです。
 ぜひ、実践してみてください。

 - 応募フォーム記入

  関連記事

nextsam
転職サイトの応募フォーム記入の注意点!

①応募フォームって何?  転職サイトは多くの求人数を扱っており、さらに自分の条件 …

block02_pct
職務経歴書の書き方を押さえる

①職歴、職務内容の書き方とは?    中高年は面接までたどり着けば、内定を勝ち取 …